慶ドミのぼっちでもドミニオン

基本ドミニオンのことについて書きたいな〜って。

2017ドミニオン日本選手権レポート

来たる7/15(土)、16(日)にHJによるドミニオン日本選手権に参加して参りました。

私にとって今回は3回目の参加で、2年前は12.5ポイントも勝利点総数であと1人辞退すれば抜けという残念な結果をし、去年は4戦目1位条件で間違ったルートを取るも運良く1位をとって本戦抜けという非常にボーダーギリギリの戦いをしておりました。

そのため今回は4戦目までに1,2位条件くらいの位置に付けておきたいなー、と楽観的に考えておりましたが、レギュレーションはあの基本陰謀海辺。アタックの凶悪さは日本選手権参加者なら誰でも知っていることでしょう。また2沈み流や、てばんちゃんによる運ゲー度も高いというのは私にとっても怖いところでした(皆思ってることかもしれないけど)。

前日の金曜日は東ドミで10戦して好成績を出し、夜の都内某所ではホールデムで大勝ちをし(←???)、明日までこの運が続けばいいなと思いつつ文字通り床に臥しました。

 

さて駄文はここまでにして(ぉぃ)予選のレポートをしていきます。

私は午前参加でした。

 

1戦目

基本:民兵・書庫

陰謀:執事・鉱山の村・橋・改良

海辺:原住民の村・海の妖婆・海賊船・宝の地図

1番手:執事-橋

2番手:執事-海の妖婆   ←私

3番手:書庫-原住民の村

4番手:橋-執事

海の妖婆とかアホかよwwwと思われるかもしれませんが、今思えば私でもアホだと思います。ただ

残りの3,4番手が1周目にアタックを入れられない(3金以下のアタックが無い)

→平和な場で進む

→コンボ構築上手い人が勝つ

→I lose!

という考えのもと海の妖婆を選択しました(一般的に初手書庫に民兵はNGでしょう)。その後の展開は3Tに執銅銅屋屋で屋屋廃棄から原村購入、4Tに妖銅銅銅屋で銀貨購入というほぼ完璧な周り。5金出たら書庫入れてもいいかなと思いつつも8金以上と6金と4金(鉱山の村とかいう銀貨のほぼ上位互換)しか出ない&妖婆が書庫ステの金貨、ミニブリッジ組の執事や橋を落とすなどのlucky meで1位。一応トップが呪いになるので最初の原村で橋をしまいにくい→橋を一度に並べにくいというのは考えてました(書庫をもっと積まれてたり、改良を入れられてたら死んでた)。

道を外れるも思いどおりに6ポイントとって次の卓……って1番卓やないか〜い!

 

2戦目

基本:庭園・役人・魔女

陰謀:中庭・交易場・公爵

海辺:密輸人・引揚水夫・バザー

はい出ました特殊勝利点、しかも同時に。

こういうインタラクティブが複数絡み合いすぎてごちゃごちゃしてるドミニオンは慶ドミメンバー全員が苦手としているので、せめて2位以上を……と考えていたはずです。

この卓は全員の初手順を忘れてしまったので流れだけ。ただ2番手の私だけが5-2で交易場-中庭スタートをしました。そのまま属州を目指せば2位以上は行けるでしょうが、3番手(確かみつやさん、役人銀スタート)が早めに公領公爵ルートへ。その後4番手(役人密輸人)も公領を買って1番手(魔女ステロ)もカットをし、長引きそうと言う理由からもう一方の特殊勝利点を集めるという迷走っぷりを発揮。庭園は3点で終了し辛くも3位をとり3,4戦目のどちらかで1位という状況をキープしました。まだ目は十分ある!と思って次の卓へ。

 

3戦目

基本:木こり・鍛冶屋・書庫

陰謀:秘密の部屋・貧民街・寵臣・拷問人

海辺:停泊所・見張り・島

1番手:銀-銀

2番手:銀貨-鍛冶屋

3番手:見張り-銀

4番手:島-銀     ←私

あれれ〜、隣の人のれとれとさんって名前聞いたことあるぞ〜?(ガクブル)って感じで始まった6,7点卓。しかもここで4番手かよ〜。

取り敢えずアタックアンチに書庫があるのでステロゴリラとしてはまずこいつをとることを目標に。分回らないと手番差で殴られるだけなのでリスキーな手を取って島銀を選択。3Tに5金が出てまず及第点と書庫を取る。

島は沈んだがな!しかも屋敷しまえなかったがな!

ま、まだ負けてないし……。書庫ステは島を弾いてくれるため積極的に島は取る感じで動く。1番手は財宝重視の書庫ステ、2番手の鍛冶ステは私が島行ったからか、かなり早いタイミングで公領に行き息切れ。問題の3番手は寵臣を一直線に集めるも見張り事故で貧民街を廃棄。「オレノアクションガ-!」って言ってました。

その直後の5金で少々悩む。公領でもよいがまだ属州も結構残っている。書庫入りの山札を寵臣で流されてもいいように拷問人or書庫の2択で、上家の寵臣との友情コンボを決められたらいいな(はぁと)という理由から拷問人を選択。1回しか決まらんかったけど。

そのあとは無限勝利点で島差で1位。1位とは思わなかったけど、島差でまくるという当初の予定どおりだったので一番嬉しかったドミニオンでした。

ゲーム開始前「このサプライを作ったのは誰だー(怒)」→ゲーム終了後「サプライ作った人神かよ」という手のひら返しの実績を解除

1-3-1で合計13ポイントで予選抜けほぼ確実の展開に胸をなで下ろし、いざ4戦目へ

 

んで12~13ポイントのボーダー卓。2人戦でもステロをしようの会新人のOKPさんと同卓し、「13ポイントゆぅくりっどさんだけなんで、僕達の為に倒れてください!」と言われ、いざサプライを見ると……

4戦目

基本:村・改築・金貸し

陰謀:共謀者・偵察員・銅細工師・貴族

海辺:抑留・策士・探検家

1番手:金貸し-銀

2番手:銀貨-金貸し     ←私

3番手:金貸し-銀

4番手:抑留-探検家

あっ、このサプライ進○ゼミ東ドミでやったことある!

以前東ドミで似たサプライ(そのときは公爵があった)に私は5-2から探検家2積みの公領公爵へ行き、見事に4位をとっている。そのことから探検家で得た金貨を即改築する策士ループに3T目4金で気付き(←初手で気付けよ)自分にも出来るかな……と小声でぼやきつつも改築購入。4T5金で策士を入れ、探検家を入れて、屋敷を村・共謀者に変えて……ってなんかごちゃごちゃやってたら普通にコンボが炸裂。策士1枚だったけど、打つ時に村→探検家(金貨獲得)→策士と出来たので総金量も十分で属4公3屋2の35点で1位。ステロ以外も出来るんやで!

(明らかに東ドミのおかげです、本当にありがとうございました)

※このゲームでは1つ下の卓でIDの騒ぎがあったそうですが、そのことについては別の方のブログを参照してください。あまり詳しくないので……

 

予選の結果、1-3-1-1で大会総ポイント19ポイント、勝利点総数より午前4位で本戦通過しました。2人戦(1人戦)専門だった慶ドミが4人戦でこのような成績を挙げられたのは個人的にドミ力がきちんと発揮できたかなと思いました。

 

なお本戦は1-4-4-4-3という散々な結果で対応力がブレブレな感じだったので自分をもっと信じること、後追いも時には必要なこと、強い手を見極めることを痛感しました。本戦レポは省略したいと思います。

 

今大会で優勝なさったむーろんさん、大会実施やサプライを作成したルネさんはじめHJの方々、そして私と対戦した・大会参加した選手の皆さんに感謝とお礼を申しつつレポートとさせていただきます。またいつか対戦致しましょう。