慶ドミのぼっちでもドミニオン

基本ドミニオンのことについて書きたいな〜って。

沼が沼たる所以 〜推し紹介:Vtuber夜桜たま氏について〜

.LIVE所属のアイドル部、麻雀系Vtuber 夜桜たま(@YozakuraTama)氏をご存知でしょうか?

 https://twitter.com/YozakuraTama 

彼女によって遂に自分もハマってしまいました、Vtuber沼に。ドミニオン界隈では

・某日本選手権の準決勝常連

・某ゴコスト発足者

・某朝のドミニオン野郎

の方々がV視聴民として有名ですが、自分は傍目から見て「ハマったら追う時間とかないやん……」と思ってました。あと、ルールを知っているゲームに関しての放送でないと(前提知識を必要とするので)見る気力が起きない = 入るきっかけができないという個人的な感情があったので手を出しにくかったというのもあります。

そんなときにルールが多く知れ渡っている「麻雀」というジャンルから凄い逸材が出てきた、と小耳にはさんで数本を何気なく見てみたところ

「なんだこのヤバい奴は!(褒め言葉)」

と思いましたね。以下彼女の凄いところを4つピックアップして紹介します!

 

1:トークでの表現の豊かさ

彼女がたまーにポンと出すユニークな言い回し・比喩は、妙に的確だったり笑いを誘ったりと視聴者の心を掴むチャームポイントの1つです。その話術能力の高さは実況者になるために生まれた逸材なのではないかと思わせられます。

 

2:土田プロ愛

隙あらばこーしょー君こと土田浩翔プロ(【つちだ-こうしょう】雀士:2018年7月現在58歳)を愛する姿勢。彼女の打ち筋とはほぼ対称のプレーをする土田プロですが、自分の信念を持って実績を残すエンターテイナー性がカッコいい!とのこと。そのにじみ出る一貫された推しっぷりに好感を受けます。

 

3:麻雀能力の高さ・教え方の上手さ

配信者として最も重要な腕の問題ですが、その点でも彼女はピカイチ。推定される膨大な打局数(※)から裏付けられるその打ち筋と読みには舌を巻くの一言に尽きます。また教え方についても、麻雀を何も知らない人に教えるときに忘れがちな部分もキチンと触れており、几帳面で綿密な台本の作り込みが窺えます。


【天鳳】第四回目!麻雀配信【アイドル部】

※ここで少し計算をしてみました(計算は自分の好きな分野なので)

彼女のように役満を含めた全役を上がる(参照:上記動画30:40〜)ためには何年打ち続ける必要があるでしょう?

最難関の天和(約33万分の1)を上がるために親何局分を打つかを考えます。

四槓子は統計的確率で0.000234%≒約42万7350分の1というデータがありますが、人為的理由から低くなっていると思われますので、計算しやすく親限定の天和をここでは考えます)

log(1-0.5)/log(1-1/330000)≒約22万8700局で50%の確率

log(1-0.7)/log(1-1/330000)≒約39万7300局で70%の確率

log(1-0.9)/log(1-1/330000)≒約75万9800局で90%の確率で天和が上がれます。(logは常用対数を示す)

半荘1局につき平均3回と仮定、1日50局で換算(1日あたり親150回)して年数に直すと50%約4.2年、70%約7.3年、90%約13.9年かかります。マジか……

 

4:マルチタスクによるハイスペックぷり

そして彼女を一番象徴する動画といえば伝説の4卓同時打ち麻雀配信でしょう。その非現実性を感じさせる雀鬼ぷりには感動すら覚えます。的確にコメントを返信したりトラブル対応しつつ他局を打ったりと、難なく超人プレーを見せつける姿勢は彼女の魅力を十二分に表しています。初見はまずこれ見ておけ!と薦められる秀作です。


【麻雀四面打ち】エゴサ雀士の同時四面打ち麻雀🌸【アイドル部】

自分も思考間のマルチタスクはしますが、手を動かす系の2面はあまりしたことが無いので度肝を抜かれましたね。一般社会に出るとミスが起こるだの1つに集中しろだのと流れ作業にきつい風潮が拭えません。彼女のこの特技が輝くのもVtuberという現代的な1分野が一役を買っているのではないでしょうか。

 

他にも「緑オリオン」に代表される難聴設定、初手無音やマイクにぶつかるポンコツさに垣間みるギャップ萌え、そして眼鏡っ娘が好きという部分!眼鏡っ娘過激派としては尊みを感じざるを得ないですね。

個人的に生徒会長・部長という役職の女性キャラには眼鏡っ娘が相場が気がするので、いつかは眼鏡差分出来るんじゃないかなーと胸に秘めつつ期待しております。(コイツ眼鏡っ娘の話になると早口になるな)

 

最後にファンアートを。自分には画力がなかったのでファン詰将棋を作ってみました。好きな役が七対子とのことだったので七対子図式です(玉以外の7種類の駒を全て2枚ずつ使った趣向作)。できれば17歳にかけて17手詰めにしたかったけど、自分にはそこまでの技量はなかったです(13手詰め)。

http://shogipic.jp/v/N3N

 

色んなゲームやったことあるって言ってたけど、流石にドミニオンはやったことないだろうな〜。麻雀と似た部分も多いし、やってみて欲しいですけどね。

 

7/16追記

彼女の能力の1つ「エゴサ力」 に遂に引っかかってしまいました。しかもハッシュタグも付けていないのにtweet後わずか49分で返事が来るという速さ。何者なんだ彼女は……。